ブロッコリーの栄養を逃がさない茹で方

子供たちが苦手な野菜として常に上位にランクインしているブロッコリーですが、実はとても栄養素が豊富で、野菜としても優秀な効果を持っています。

しかし、そんなブロッコリーですが、実は茹で方を間違うと栄養も逃がしてしまうことになるのを知っているでしょうか。
特にブロッコリーに含まれるビタミンCや葉酸は水に弱いため、普通に茹でてしまうと栄養も逃げてしまいます。
そのため、栄養素を逃がさないようにするためには、電子レンジでの加熱がおすすめです。

ブロッコリーの調理法に秘訣

電子レンジの場合は加熱するだけなので、水で栄養が逃げていくということもありません。
ただ、ブロッコリーの栄養素は熱にも弱いので、長時間熱に晒すというのも良くありません。
適度に短い時間で調理し、最適な栄養を摂取できるようにすることが重要なのではないでしょうか。
なお、子供たちがブロッコリーに苦手意識を持っている理由としては、あの独特の触感なども要因だと言われています。
ブニブニになるまで茹でてしまうとやはり良くないので、電子レンジである程度の硬さを残したまま食べるのが良いです。
もちろん、あまりにも硬いと消化に悪いので、そこは適度な硬さになるように調節しながら調理していくと良いかもしれません。