シャンプー選びの最終判断は自分の頭皮に相談する

頭皮のかゆみやフケは丁寧なヘアケアで清潔な頭皮を保っていても発生することがあります。
もし、入念なヘアケアを行っているにも関わらず、頭皮のかゆみやフケがなくならない、あるいは悪化しているというならば、使用するシャンプーやヘアケアの方法を根本的に見直す必要があるかもしれません。

ヘアケアの難しさは人類共通の基準がないということ

頭皮のケアは、洗浄力が強ければ強いほどいいという単純な話ではありません。むしろ、洗浄力があまりに強すぎる場合、頭皮にとって必要な最低限の油分などが洗い流され、それが頭皮に悪い影響を与えるということもあるのがヘアケアの難しいところです。
また、ヘアケアの難しさとしては、利用するシャンプーと頭皮との相性などで個人差が出やすいということも考えなければなりません。
「このシャンプーを使っていれば、このヘアケアの方法を採用すれば、必ずフケやかゆみなどを抑えられる」というような、全人類共通の対策を提示できないのがヘアケアの特徴です。

オススメやランキングはあくまでも「参考」でしかない

ヘアケアにおいては、頭皮のかゆみやフケ対策にオススメのシャンプーのランキングなどを参考にしてシャンプーを選んだ場合でも、体質の問題などで頭皮のかゆみやフケなどが出てしまう可能性が充分に考えられる、ということを前提に置かなければなりません。
自分の頭皮の声に耳を傾け、自分の頭皮と相性がいいシャンプーにめぐりあうまでは地道にいろいろとシャンプーを試してみる、という方法だけがヘアケアでは有効です。
シャンプーのランキングなどは、その地道な試行錯誤の補助線として利用する限りにおいては有効ですが、決定版ではない、ということを忘れないようにしましょう。