飛行機に乗る時の紫外線対策グッズ

日焼け止めなどを持ち運ぶ時、飛行機に乗るということもあるかもしれません。そんな中、手荷物として持ち込めるのかどうか気になる方も多いでしょう。ここでは最近主流のスプレータイプの日焼け止めを手荷物にできるかどうか解説します。

日焼け止めに関しては、基本的にスプレータイプでもクリームタイプでも、飛行機に持ち込むことは可能です。ただ、容量オーバーとなると持ち込みはできません。それぞれの航空会社によって規定が違うので注意しましょう。
日焼け止めは液体類として考えられているということもあって、手荷物にするためには専門の袋に入れるなど、しっかりと液体が漏れないようにすることが必要です。もちろん、スプレーの場合も同様となります。

日焼け止めスプレーは手荷物にできる?

結論から言えば、日焼け止めスプレーを手荷物にできるかどうかと言えば、できなくはないでしょう。しかし、スプレーの場合は液体類として考えれることもありますし、そもそもガスを使ったものだと持ち込みはできません。
ただ、近年はノンガススプレーというものも増えているので、場合によっては航空会社ごとに変わってくるかもしれません。ただ、ノンガススプレーだったとしても液体として判断されることがあるため、機内に持ち込み手荷物として考えるのは難しいこともあります。
色々なものが販売されているので、それぞれの日焼け止めごとに手荷物にできるのかどうか判断していくことが必要です。特に不安という方は、直接航空会社に問い合わせてみるのが確実となるでしょう。