日焼けしにくい体という土台を整えるのがベストの対策

日焼け対策を十分にしたいのであれば、表面的な対策ではなく、身体の内側からする対策を考えていく必要があるでしょう。
日焼けというのは日焼け止めを塗ればそれで対策完了というものではりません。身体の内側の健康が損なわれている状態で日焼け止めを塗りたくったところで、それは根本的な対策にはなりません。

もっとも有効かつ基本的な日焼け対策は「日焼けしにくい身体」を作ることにあります。

飲む日焼け止めでは体内環境を整えることはできない

正しい栄養バランスの食事をとり、適度な運動などで新陳代謝をよくして肌のターンオーバーをよくすれば、日焼け止めによる過剰な日焼け対策はそれほど必要がなくなると言ってもいいくらいに、体内環境の改善はきわめて重要な日焼け対策です。
ここで、「では、飲む日焼け止めを使えばいいのか」というふうに思うかもしれませんが、飲む日焼け止め程度のサプリでは、体内環境の改善を満足にすることはできません。

なるべく日焼け止めに頼らなくてすむ身体をつくる

飲む日焼け止めでは、「雀の涙」ほどの効果も期待できません。飲む日焼け止めに含有されている日焼けに効く成分は、それがよりよく摂取できる食品からとりいれたほうがよいでしょう。
日焼け止めの使用は、毛穴を塞ぎ汚れをためるということでもありますから、その使用自体が肌の健康にあまりよくないということがあります。
日焼け止めは「長時間炎天下にいなければならない」という有事の際のピンポイントでの利用に留め、日常的な使用は避けるというのが賢明な選択です。