青汁の成分について

青汁と言えば、大麦若葉やケールが主流で体に効果的と思いますが、現在はこの原材料自体も色々な成分で青汁自体が作られていて、フルーツを中心に作られた青汁や抹茶を主流に作られた青汁や野菜を中心に作られた青汁など、数え切れないぐらいの種類の原材料が入っている青汁が多くなっています。

原材料によってもちろん効果も変わってきますので注意して青汁を選ぶ必要があります。原材料についての効果をしっかりと覚えておきましょう。

大麦若葉

大麦若葉=青汁と認識している方も多いほど青汁では王道の原材料の大麦若葉、この大麦若葉にはとても高い栄養素があり健康維持や美容効果も大の成分です。この大麦若葉には数種類のビタミン、カルシウム、ミネラル、食物繊維が入っていてダイエットや美容、健康やアンチエイジンまで様々な効果があります。この大麦若葉が入っていない青汁は効果が期待できないと言えるぐらい大切な原材料です。

ケール

ケールはキャベツに似た野菜で、大麦若葉と似たような原材料で大麦若葉と同じく、ビタミン、カルシウム、ミネラル、食物繊維のような成分が入っていますが、ケールの方が大麦若葉よりも栄養素が多くなっています。
よって大麦若葉よりもケールの方が効果がある原材料と言えます。青汁の効果をより期待するのであれば、このケールは最も重要な原材料です。

抹茶系

抹茶味の青汁にして飲みやすさを求めた青汁です。原材料に抹茶が含まれているためとても飲みやすくなっていて、原材料にも大麦若葉やケールを入れている商品が多いので飲みやすい青汁と言った所です。
大麦若葉やケールを主体とした青汁よりも効果は落ちますが青汁の独特な苦味が嫌いな方にはおすすめです。

フルーツ系

最近、若い女性の間で流行しているのがこのフルーツ系の青汁です。このフルーツ系の青汁の特徴としては、フルーツがたっぷりと含まれているためとっても飲みやすくて、永く続けやすいという事が最大の売りだと思います。
効果としては、大麦若葉やケールが少量しか使用されていないため落ちますが、より永く続けることが出来る青汁という事がじっくりと効果を出すという意味で人気の理由と言えます。